心を込めて

よく「心を込めて作っています」などというものがあります。
野菜もそうだし、食事としてだされたものもそうだし、手作りのアクセサリーもです。
でも、それって目に見えない。
なので今は動画も活躍していますが、それでも本当に心をこめているかは分からない。
その人に合うとかしたらまた違いますね。
人間って感じる事が出来る動物で、心がこもっているかは会えばだいたい分かる。
その野菜なりを大事に扱っているか、でも変わってきます。

自分は心を込めて作っていても「あなたは知識が足りない」などと言われた人もいます。
そうか、一生懸命やればいい、ではないのか、って泣いてました。
知識?
野菜を育てるには知識も必要なので、言われたことだけを「心を込めて」やっていてもダメみたいだ。
きびしーーー!
でも本当にそうなのかも。
勉強して心を込めてやってる人と、心はこもってるけどただ動くだけの人では差が出るよね。
それくらいなら信用も出来るし、買いたいとも思う。

てなことで、「心をこめて作っています」は、一番はその人に合う事。
でも難しい場合は、直感!
直感でダメでも、本当に心をこめてるかもですが、それはもう縁がなかったってことで!
心を込めて作ったものでも認められない事ってありますからねー。残念だけど。

このブログ記事について

このページは、みづきが2019年5月 1日 02:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分からないものかな?」です。

次のブログ記事は「ぴこぴこ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。