2017年10月アーカイブ

受動喫煙

私の父親はすごいタバコを吸う人で、母はまったく吸いません。
でも長年一緒に暮らしてきてて、父はずっと母の目の前でチェーンスモーカーしてたので
私は母が心配でならない。

タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」と、
火のついた先から立ち上る「副流煙」に分かれます。
この副流煙には、主流煙に比べてニコチンが2.8倍、タールが3.4倍、一酸化炭素が4.7倍も含まれています。

難しい話はさておいて、今はまだいいけど、母になにかあったら父のせいだ、
と想えてならない。
今はなにもないし、父は他界しましたけどね。

自分の意思とは関係なくタバコの煙吸い込んでしまうことを「受動喫煙」といいます。
受動喫煙にさらされると、がんや脳卒中、心筋梗塞、呼吸器疾患などのさまざまな病気のリスクが高くなるし、
さらには妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがわかっています。
このために受動喫煙は近年、社会全体で取り組むべき問題として認識されていますよね。

もっと早く今のような世の中になっていたら、と思います。

私も幼い頃は吸っていたことになるので、ちょっと心配なのです。
タバコを吸う人はマナーをちゃんと守って吸いましょう!

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。