2014年1月アーカイブ

私はある小児科に勤めている勤務医です。
いつもいつも診察のときに、いろいろな反応を見せてくれる子供たちがおもしろくて仕方ありません(笑)
特に笑わせてもらっているのは、注射のときの反応ですね。
本当に個性あふれる反応をしてくれるので、ついつい笑いが漏れてしまうこともしばしばあるんです(笑)

今日はその「注射をしたときの子供たちの反応パターン」なんてものをご紹介しましょう。

まず大半は...泣きます(笑)
注射器を見るとほとんどの子供は泣いちゃいます。やっぱり怖いんでしょうね(笑)
中には「注射」っていう言葉を出しただけで「やだああああああああああああ!!」と盛大に泣き始めちゃう子もいるんですよ(笑)
これがやっぱりほとんどです。
次に多いのは、一緒にいるお母さんやお父さんにしがみついて、唇を噛んでぐっと耐える子ですね。あるいは自分の服を掴んで耐えている子もいます。
今にも泣きそうな表情をして、唇を噛んでぐううっと我慢してるんです。そういう子にはついついご褒美あげたくなっちゃうんですよね...(笑)

さて、ここからは変わり種をいってみましょう。
まずは「逃げる子」です。
ある男の子でした。予防接種のために私のところにきたんですが、「さて、じゃあやろうか~」といって消毒用の脱脂綿を出した瞬間、なにも言わずに逃げたんです(笑)
当然お母さんは慌ててその子を捕獲にいきました(笑)
どうやら悪戦苦闘したらしくて、お母さんが息を切らして連れ帰ってきたときには思わず笑ってしまいそうになりました(笑)

おまけにもうひとつ。
「笑う子」です。この子は本当にびっくりしました(笑)
非常に珍しい子で、注射が大好きな子だったんです。
そんなもんですから、注射器を見た瞬間に目がらんらんと輝き始め、針をぷすっとさした瞬間に笑い始めたんです。
...親御さんの話によれば、その子は針がささるときの感触が大好きらしく、いつも注射をするときには笑っているんだといいます。
大物だ、と思いましたね(笑)

こんな感じで、小児科に注射にくる子供もいろーんな子がいます。
日々、騒がしい病院ですが、とっても楽しく仕事をさせてもらっています(笑)

ただ自分自身の夢として他の診療科目もできるようになればなぁ。と考えています。
でもいきなり転科するのも難しそうなので、土日にアルバイトをしようと思っています。
外科と小児科とかが両立できたら格好良くないですか?
まずは修行だと思って、昔よくお世話になっていた当直バイトの求人サイトでも利用してみよう。
期待通りの求人はあるかなー??

サバの水煮缶が......ない。

自分自身は食べないのだが、家人達がサバの水煮缶があればご飯が食べられる人。
だから我が家には常にサバの水煮缶が2~3缶ストックしてあった。

ところが......最近サバの水煮缶が見つけられない。
サバの味噌煮は大量に売っているのに水煮缶だけが全くない。
安売りのお店だから今回は仕入れてないのかとその場は諦めたのだが
別のスーパーで買おうと思ってもやはりない......。
いったいどうしたんだろう、サバが不漁で水煮缶が減少したのか?
いやいや、味噌煮は置いてある。

しばらく考えてピンと来た。
あ~、きっと何かの番組で体に良いとかダイエットがどうこうとか
放送したんだろうなと。
納豆が売り場から消えたり寒天が売り場から消えたり今まで色々あったが
今度はサバの水煮缶か......とガックリした。

今までそういったダイエットによる品切れで自分が困ったことはなかったが
今回はちょっと困る。
ダイエットとは関係なく、サバの水煮缶があると助かるのだ。

どうしても食事の用意ができない時、買い物に行かなかった時、
とりあえずサバの水煮缶を出しておけば満足な家人たちだから。

ダイエットをする人たちには頑張って欲しい。
だが、早めにサバの水煮缶からは遠ざかって欲しい。

サバの水煮が我が家の食卓に並ぶのはいつになるのだろう。

さあ、くだらないことはさておき看護師の紹介サイトでも漁ろうかな・・・

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。