貯蓄してるけどケチとは違うよ  

貯金が趣味なんていうとすごいケチみたいに思われちゃうことが多いんだよね...。

だけど看護師のお給料なんてそんなに高額じゃないしやっぱり将来のことを考えると自分でしっかりと貯蓄しておかないと心配だよね。

特にこれから先の未来は今よりもっともっと高齢化が進んでしまうし年金もどうなってしまうかわからないっていうのが正直なところだよね。

そうなると自分で自分の身を守らないと誰も守ってはくれません。

本当に自分が困った時に誰が助けてくれるか...やっぱり自分しかいないんだよね。

そういうことを考えるとケチだと思われようがどうしようが自分で納得出来るようにしていかないとね!

でもみんなが思っているほどケチじゃないんだけどね...。

 

貯金が...増えない!

貯金が大好きな私だけどここ数ヶ月はちょっと貯金額が伸びません。

というのもあれこれと交際費がかかってるんですよね...。

食費だとか生活費なんかは一生懸命節約出来るけど交際費だけは削れないんですよね...。

交際費といっても友達と外食とか出かけるとかそういったことではありません。

同じ看護師仲間が結婚したり、大先輩が入院したり...そういう時の交際費って節約出来ないんだよね...。

これから年末年始も近づいてくるしまだまだお金がかかっちゃう...。

今年の冬のボーナスはちょっと残念だけど全額貯金にまわさないといけない感じがしてきました。

貯金って趣味ともいえるけど絶対に必要でもあるよね。

私は今を贅沢して暮らすことよりも老後ゆったりと暮らせることを大切にしたいと思います。

 

節約よりも熱中症対策

私の最も嫌いな季節がやってきてしまいました。

別に暑いのが嫌いだってわけではないんですよね。

夏は暑くてどうしてもエアコンを使います。

看護師の給料なんてそんなに高額じゃないから毎月少ないお金をせっせと貯金している私にとって夏場のエアコン代は地獄です...。

今までコツコツと貯めてきた貯金だけどこの時期になると貯金は出来ないし逆に貯金を下ろさなきゃいけないことまであるんだから最悪だよね...。

だからといって暑さを我慢して熱中症になったりでもしたら逆にマイナスになっちゃうしね...。

今年もすでに熱中症による死者が何人も出ているんですよね。

私もしっかり気をつけないといけないな...。

看護師が自宅で熱中症...なんて笑い話にもならないもんね。

看護師さんは整体に通うことが多い

齢を重ねていくと体の疲れがとれなくなるということがあるそうです。
僕はまだそのようなことを実感していませんが、30歳を超えてくるとあるそうですね。
20後半でも若い頃に比べるとやっぱり疲れがとれない気がするというのはあるのでしょう。
特に体力的に厳しい仕事をしていると、単に寝るだけでは駄目かもしれませんね。

女性の場合は看護師なんて、そこらへんの男性よりもハードな仕事内容だと思います。
ずっと立ち仕事ですし、力仕事だってたくさんあると思います。
毎日のようにそのような仕事をしていれば、疲れがどんどん溜まっていくでしょう。

よくアスリートでも30を超えてから疲労の回復が遅くなったことを実感すると言いますが、普通の人も同じです。
アスリートほど体を酷使していないとはいえ、アスリートほど体に気を使っていないでしょうからね。
やっぱり同じように疲れが溜まりやすくなると思います。

体の疲れがとれないという人は、整体に行ってみると体調がよくなるという話を聞きます。
こればかりは自分で体験していないので、偉そうなことも言えないのですが。
でも口を揃えて整体は良いという人ばかりですので、良いことは事実のようですね。
看護師さんでも整体へ定期的に通っている人が多いという話しです。

整体代って結構するんだよね・・・給料が・・・。
看護師の給料って高いって思われがちだけど、そうでもないんだよね。
まぁ職場によって違ってくるけど。


来月はいくらに...

貯金通帳の残高が少しでも増えていくととてもうれしい気持ちになりますよね。

以前の私は貯金なんてまったく興味がなかったし今がよければ後のことなんて...って気持ちがとても強かったんです。

だけど看護師になって働き出すとかなり忙しいハードな仕事だから無駄遣いする暇がなくて結構お金がたまりだしたんです。

そうなってくると毎月増えていく額を見るのがなんだかものすごく楽しい気持ちになってきちゃって...。

今では私の中で一番の趣味ともいえるんじゃないかな。

そんなこと看護師仲間には内緒だけどね。

「ケチ」だなんて思われたくないし...実際みんなとの付き合いは大切にしているんだけどね!

自分の中で節約出来るところと節約しないところをしっかりわけているからこのままいけば結構な額が貯まるんじゃないかな?!

 

私はある小児科に勤めている勤務医です。
いつもいつも診察のときに、いろいろな反応を見せてくれる子供たちがおもしろくて仕方ありません(笑)
特に笑わせてもらっているのは、注射のときの反応ですね。
本当に個性あふれる反応をしてくれるので、ついつい笑いが漏れてしまうこともしばしばあるんです(笑)

今日はその「注射をしたときの子供たちの反応パターン」なんてものをご紹介しましょう。

まず大半は...泣きます(笑)
注射器を見るとほとんどの子供は泣いちゃいます。やっぱり怖いんでしょうね(笑)
中には「注射」っていう言葉を出しただけで「やだああああああああああああ!!」と盛大に泣き始めちゃう子もいるんですよ(笑)
これがやっぱりほとんどです。
次に多いのは、一緒にいるお母さんやお父さんにしがみついて、唇を噛んでぐっと耐える子ですね。あるいは自分の服を掴んで耐えている子もいます。
今にも泣きそうな表情をして、唇を噛んでぐううっと我慢してるんです。そういう子にはついついご褒美あげたくなっちゃうんですよね...(笑)

さて、ここからは変わり種をいってみましょう。
まずは「逃げる子」です。
ある男の子でした。予防接種のために私のところにきたんですが、「さて、じゃあやろうか~」といって消毒用の脱脂綿を出した瞬間、なにも言わずに逃げたんです(笑)
当然お母さんは慌ててその子を捕獲にいきました(笑)
どうやら悪戦苦闘したらしくて、お母さんが息を切らして連れ帰ってきたときには思わず笑ってしまいそうになりました(笑)

おまけにもうひとつ。
「笑う子」です。この子は本当にびっくりしました(笑)
非常に珍しい子で、注射が大好きな子だったんです。
そんなもんですから、注射器を見た瞬間に目がらんらんと輝き始め、針をぷすっとさした瞬間に笑い始めたんです。
...親御さんの話によれば、その子は針がささるときの感触が大好きらしく、いつも注射をするときには笑っているんだといいます。
大物だ、と思いましたね(笑)

こんな感じで、小児科に注射にくる子供もいろーんな子がいます。
日々、騒がしい病院ですが、とっても楽しく仕事をさせてもらっています(笑)

ただ自分自身の夢として他の診療科目もできるようになればなぁ。と考えています。
でもいきなり転科するのも難しそうなので、土日にアルバイトをしようと思っています。
外科と小児科とかが両立できたら格好良くないですか?
まずは修行だと思って、昔よくお世話になっていた当直バイトの求人サイトでも利用してみよう。
期待通りの求人はあるかなー??

サバの水煮缶が......ない。

自分自身は食べないのだが、家人達がサバの水煮缶があればご飯が食べられる人。
だから我が家には常にサバの水煮缶が2~3缶ストックしてあった。

ところが......最近サバの水煮缶が見つけられない。
サバの味噌煮は大量に売っているのに水煮缶だけが全くない。
安売りのお店だから今回は仕入れてないのかとその場は諦めたのだが
別のスーパーで買おうと思ってもやはりない......。
いったいどうしたんだろう、サバが不漁で水煮缶が減少したのか?
いやいや、味噌煮は置いてある。

しばらく考えてピンと来た。
あ~、きっと何かの番組で体に良いとかダイエットがどうこうとか
放送したんだろうなと。
納豆が売り場から消えたり寒天が売り場から消えたり今まで色々あったが
今度はサバの水煮缶か......とガックリした。

今までそういったダイエットによる品切れで自分が困ったことはなかったが
今回はちょっと困る。
ダイエットとは関係なく、サバの水煮缶があると助かるのだ。

どうしても食事の用意ができない時、買い物に行かなかった時、
とりあえずサバの水煮缶を出しておけば満足な家人たちだから。

ダイエットをする人たちには頑張って欲しい。
だが、早めにサバの水煮缶からは遠ざかって欲しい。

サバの水煮が我が家の食卓に並ぶのはいつになるのだろう。

さあ、くだらないことはさておき看護師の紹介サイトでも漁ろうかな・・・

医師で開業させてもらったのですが

私は開業医をやっているのですが、それなりに軌道に乗ってきたところがあります。実際に開業医を始めようと思ったきっかけは、務めていた病院の医師の方針についていけなくなったからです。何よりも自分が持っている理念で病院を経営したいというところがありました。(昔は勤務医としてエムスリーキャリアなどで転職を繰り返していた時期もありましたがwww)

それで開業に向けての準備を始めたわけですが、とにかく設備投資費用がかなり高かったというところがありました。何を導入するのでも100万円単位の金額がかかりましたし、これは当然赤字になりましたし、この赤字を黒字に持って行くのには当然医師としての技術はもちろんのこと、信用的なところも非常に重要な所がありました。

とにかく患者さんのことを一番に考えた治療を行っていきました。そうすることによって徐々にですが評判も良くなっていったのもありますし、自分も人間的に成長出来たところがあるのかなと思いました。
今は常連さんもかなりの数になりましたが、その常連さんの名前からどのような病気を持っているのか、プライベートはどのような感じになっているのかということも理解することができています。今後、新たなサービスを増やして行くことで、もっと医師としてのレベルが上がっていけたらいいなと思いました。

増えない貯蓄

最近私の貯金があんまり増えません...。

相次いで電化製品が壊れて買い替えとなっていたんだけど今度はなんと掃除機が!

数ヶ月前からなんとなく調子悪かったんだけどついにまったく動作しなくなってしまいました。

看護師の給料なんてたかがしれたもの。

一生懸命貯金していた中から購入しないといけなくなっちゃったんですよね。

これから年末年始を迎えるにあたってさらに貯金額は減っていくばかりな感じです。

もう少し何か特別な手当てがつけばいいんだけど私は特に人より優れたものなんてもっていないから...。

いつの日かがっつり勉強して認定看護師の資格を取得しようとは思っているんだけどね...。

それはまだまだ先のことになりそうな感じです。

何もかもが値上がりしている近年...生活していくのって大変です。

 

貯金が趣味といっても...

貯金が趣味といっても別にけちけちして貯金しているわけじゃなくて無駄な使い方をせずにがんばって貯めているんだよね。

お金って絶対裏切らないしこれから先の未来絶対にもっていた方がいいと思うんだよね。

日本はこれからまだまだ暮らしにくい国になる可能性はあってもよくなることはないんじゃないかと思っている私。

そんな時代を生き抜くためにはやっぱり今のうちに働いてしっかり貯めておかないと...。

もちろん人によって考えは大きく違うから私とは逆に今を楽しく生きていきたいって人もいると思うしそういう人たちを否定するつもりはありません。

一緒に働いてる看護師仲間はどっちかというと後者の方が多いようです。

だから職場以外であんまり付き合うことってないんだよね...。